”商品一覧”

私が店長ですm(__)m



ご来店いただきまし
て、ありがとうございます!
木に携わって私で三代目。
店長の和木です。
各代毎、扱う品目は違いますが、私は、”突き板”を極めるのが天職かと
。。
これからも木の優しさ、突き板のあたたかさをお届けしていきたいと思っています。


(^_-)-☆

”07月のPICKUP!”

07/01更新しました。

”06月(先月)の人気Ranking!”

07/01更新しました。

ランキング1位第1位

ひのき突き板 150×0.7×120 100枚(ワケあり)
販売価格:1,430円(税込)


ランキング2位第2位
 木曽檜突き板 280×0.4×140 50枚
販売価格:3,800円(税込)
 
ランキング3位第3位

ひのき突き板 150×0.5×120 50枚
販売価格:1,925円(税込)

*


※本業扱いのお取引は除外されます。

※一枚単位の商品は、除外される場合があります。


 

 

”WHAT'S NEW!”

”PRICE DOWN!!”

超スローペース...
徐に再開...
徐に休止...


ブレーク代わりにどうぞ。

☆材料持ち込み、加工依頼について☆

§W=190mm以上×L=2,000mm以下(幅広短尺材)のフリッチのスライス加工は終了しました。

§極端な”反り”、”曲がり”、”製材ムラ”、”アテ”材、”節もの”、”芯付き”、”硬質材”は切削不可となります。

§工場繁忙期はお断りする場合がございます、事前コンタクトを必ず行ってください。

§モラルが伴わないオーダーはお断りする場合がございます。


ネット由来、新規のお客様へのお願いとなります。

 



 

無断転載・コピー禁止

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。

著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。

携帯ページetc



HOME»  GALLERY11


GALLERY11


    
GALLERY1 GALLERY2 GALLERY3 GALLERY4 GALLERY5
GALLERY6 GALLERY7 GALLERY8 GALLERY9 GALLERY10


                
様々な用途がある突き板。
当ギャラリーでは、突き板を利用した作品や、突き板のある風景をご紹介しております。

このページは...

  §
スケールモデルの世界を真摯に歩んでおられるI様。その素晴らしい製品群と、その一環に弊社突き板を用いていただいたお話...
      

  §江戸情緒溢れるミニチュア小物のパーツに突き板をご使用いただいたお話し。上昇運を招き込む、縁起物の作品の数々。
   

  §ご自宅の玄関まわりを地桧でリフォームされたお話し。教訓を次回に生かそうとされる、真摯なM様の姿勢を反映するかのような素敵な白基調のエントランスが完成しました。

GALLERY11


 
 
 

*和歌山市にて
模型キットメーカーを
営んでおられる岩見慎一様より*

新作スケールモデルのキットに弊社の突き板を使っていただいたご投稿がありました。

まずは、岩見様がプロデュースするキットの一部を
ご覧ください!






 



 ・


 OFFICIAL WEB SITE


 素晴らしい...

...の一言...

航空機の黎明期から
主に一次大戦までの
名だたる機種を
次々とキット化しています。

ぜひ
AEROBASE OFFICIAL SITE
よりDM用のカタログを
お取り寄せしてみてください。
素敵なエアモデルの世界が
あなたを
魅了してやみませんよ♪

ご請求はコチラからどうぞ。







*

AEROBASE
のキットが購入できる
ショップはコチラ
(画像クリック)




画像のショップ(新橋)には
完成見本が展示されています。じっくり拝見して購入ができます。
ショップの他、
AMAZON他通販。
各エアポート。
その他多くのショップにて
ご購入いただけます。

キットの内容、出来、
は完璧です。
私も、3点購入(1点製作完了)しました。

残りの2点はコレ




指の上に乗るほどの
スーパーミニサイズ!
でも再現度はBiggest

楽しみな2点です。

 

岩見様との一番初めの
コンタクトは、彼からの
お電話からでした。

「高校時代に木曽に行ったことあるよ!自転車で行ったんだよ」・・・
「寝覚ノ床より前?後?」
みたいなお話しが発端。


「エアロベース創業前は、タミヤ本社在籍のモデラーとして、カタログや雑誌向けの見本を組み立てていた」

だんだん話が凄くなってきて・・・


インスタでの、MATRAの話。




TAMIYAのビッグスケールシリーズ1/12は、当初(約50年前)は、現行モデル(すでに廃版)のようにディスプレイモデルではなく、
モーターを組み込んだ
モーターライズのキットだったね。

このMATRAを岩見様の先輩が設計したお話し。

私のような
不埒なモデラーにとっては
珠玉のお話しでした。

また、地域の皆様とも
模型を通じた
交流をされている様子で






私が、
はじめてのメタルキット購入にためらっていると、
上のような画像を
送ってくださいました。


*

「当社製品は塗装いらずでプラモデルほど気合は、いりません。
私といっしょに作るイベントではナイフを初めて使う4歳児も、料理教室のように女性も、
みんな小さいセントルイスを1時間以内に完成させています。」...と。

*


なるほど...
早速私も始めてみました!




岩見様の思い入れのある
”リンドバーグの
スピリット・オブ・セントルイス
です。








作っていて
本当にたのしかったです!
思っていたより
案外簡単に
組みあがりました。


*

岩見様のコメント。


☆1996年当時、ネットでほとんど情報がない時代にワシントンDCまで実機を見に行き、
図面を入手したかいがあったと思えるほど、我ながらよく再現しています。☆

*


一つ一つのキット、製品には
岩見様のただならぬスピリットが込められています。

岩見様の込められた思いと、
リンドバーグの思い...

二人の思いが箱の中、外、
すべてに感じられた
素晴らしいキットでした!



岩見様
素晴らしい会話と、
メールワーク、
本当に楽しかったです。
また、お役に立てる機会が
ございましたら、
ぜひ、お声をかけてくださいね。

木曽檜を扱っていける間は、
この木に携わっていこうと
思っております。

素敵なお話し、
またお聞かせくださいね。


そして、
模型女子(モケジョ)
などという
新しいウエーブが
出てきたり...

私みたいな
リターンモデラー
が台頭してきたり...

模型界
楽しい因子が
結構あるではありませんか!

うちらの業界より
よほど明るいと
思いますよ!

あまり危惧しないで
世界に合った
商いをしていきましょう!


そして
私は...
岩見様のように
素晴らしい
海外の知り合いや
友達が欲しいです。。。




 




 

 


 

さて。
今回の岩見様のプロジェクトは、

初飛行から120周年を迎える
ツェッペリン飛行船LZ1。

(1900年7月2日 ドイツとスイスの国境、フリードリッヒスハーフェンの湖から初めて浮揚)

この湖上に建設されていたのが、今回の格納庫。




この飛行船に木質の格納庫を付けたキットの販売でした。

ちなみに
ツェッペリンは

1929年世界一周を果たした

LZ127グラフ・ツェッペリン。





ヒンデンブルクLZ129。



そしてこのLZ1が
重要3機種となります。


設計段階。
仮組のようす。
(材料はスプルース)










木曽檜のサンプルの送付からはじまり、
お手持ちの
スプルースと
木曽檜の
レーザーカットのテスト。

最終的に、


「レーザーカットのテストの結果、木曽檜0.5mm厚が
一番、建物に適しているとわかりました。
厚みの精度といい、きめの細かさといい、他の材料とはまったく違います。」


木曽檜を選択していただきました。

確かに木曽檜の緻密さなど
優良材であることは
経験上解っているつもりですが、
それにしても...
このレーザーカットの
極み具合...
内部構造材の
精密さ...

恐れ入りました。


最後に
完成した格納庫のキット
を送っていただきました。


 窓の格子部分は
0.2mmあるかないか...
恐るべき精密さと、
切れないで
持ちこたえている
我が木曽檜の
辛抱強さ?

キットの完成画像です。


 

 前述のLZ127や、LZ129と比べると、アイテムが地味ですので、主に直接の通販にて販売されるそうです。
興味がある方、ぜひご購入してみてくださいね。
格納庫は、エナメル塗装が可能だそうです






岩見様が使用された
商品はコチラ



木曽檜突き板 900×0.5×160~170 10枚
販売価格
2,984円(税込)


私は
石坂浩二さんのフォッケウルフや、
所ジョージさんの
カスタムシャーマンに
すっかりやられてしまい、

とうとう
プラモにリターンしてしまいました。


マニュアル通りに進めては
思うような出来には
決してならない。

段取りから準備から
筋道を立て、
あれこれ
製作までをカスタマイズ。
ひとつのプロジェクト用に
その機種の専門書を購入。
どの部隊の誰の
搭乗機かを決め、
塗料の準備、
塗装のイメージング...
今、スケールモデルが
楽しくて
仕方がありません。

楽しみがありすぎるぞ!
と、言われそうですが、

性分ですかね。。。
すべて追求しないと
気が済まない...


同じ分野で
同じように
でも私より
熱く追及している
I様。

私なんかより
もっともっとDEEPな
ところにいる岩見様。


...

今回は、
岩見様の素晴らしいお話が
聞けたこと。
また弊社が素敵なプロジェクトに
参加できたこと。
大変感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

末尾になりましたが、
お体を大切に
これからもがんばってください。





 

 

 

 


 

 

 
 

秋田県秋田市にお住まいの
W様より
今回素敵なご投稿を
いただきました。


人々の郷愁を誘う
素敵なミニチュアの
小物制作をされている
T様。

このようなサイトを
運営されておられます。


↓↓↓



製作されている
作品の一部です。








 



 
 

今回画像とともに
あたたかな
コメントも
お寄せいただきました


 

こちらの家屋の
矢印の部分に
うちの突き板を
使用していただきました。




こちらの凧は
骨の部分ですね。


こちらの突き板を使用していただきました。


木曽檜突き板 300×0.7×160~170 15枚





こんなコメントも!

秋田市でミニチュアの纏を製作していますが
日本家屋や縁起凧なども作っています。
突き板屋さんで購入した突き板を重要な随所に使用しています。
日本家屋は外壁・桶・立て看板などに、
凧は骨組みです。木曽檜の0.7mmが丁度良い強度です!
決して目立ちませんが、素敵な脇役として重宝しています。
素晴らしい素材に感謝です!!!”

 

江戸情緒溢れる
作品の数々...

お店の名前の由来...

上昇運を招くといわれる
”纏”

なぜ”纏”?


W様のサイト
自己紹介の項を
ご覧ください。
自然と繋がってくるものが
見えてきますよ。

キットの製作でも

四苦八苦、
しかもミスだらけの
凡作、駄作どまりの
私のスケールモデル
ですが、
パーツを一から
手作り、
しかもこの出来栄えの
W様には
感服の一言です。

いろいろと
暗い話題の多い
昨今ですが、
ぜひW様のサイトを
ご覧になられ
幸運をまねく
”纏”
ご購入されてみては
いかがですか?


後日、W様より
製作する上での難点の
コメントが届きました。

§

◆作品を制作する上での難所

桶やタライは、一旦ぬるま湯で温めてからしならせます。

より柔らかくした後、針金で締めますが

乾いた後に割れないよう締め方に気をつかいます。

外壁は突き板を更にバルサ材と貼り合わせてから組み立てますが

両刃のカッターで垂直に切り出す時に神経を使います。

細かい作業ですので一つひとつが真剣勝負!

常にお客様が手に取ったときの笑顔を思い浮かべながら

丁寧に作業しています。

年末には、カルチャースクールで凧作り教室を開催します。

木曽檜が大活躍するのが楽しみです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

§

突き板は薄くても
”木”そのものであり、
木材由来の
手ごわい性格を
もつ、天然素材です。

この記事を閲覧していただいた
新しい突き板ユーザーの
皆様にとっても
参考となるコメントに
なるのではないでしょうか。



今回、このような
おめでたい商品に
うちの突き板を使っていただき、本当にありがたかったです。

素敵なご投稿
ありがとうございました。
お体のほう、十分ご自愛され、
また素晴らしい作品を制作してくださいね。

こちらこそ。
今後ともよろしくお願いいたします。


 
 
 



*千葉県浦安市にお住まいのM様より*

ご自宅の玄関まわりの
リフォームのご投稿
がございました。

まずは
画像からごらんください。








 地桧の白さが
白基調の玄関の雰囲気に
イイ感じでマッチできました。

素敵なエントランスに
なりましたね。

 



M様がご使用された突き板は、

ひのき突き板 600×0.3×110~130 50枚

ひのき突き板 300×0.3×110~130 20枚

となります。

M様のこのような
メールからスタートしました。


*
突き板屋さま

1回目の注文で腰板を作成しました。
写真を添付します。
昨日の2回目の注文は、見切り板を作成するためです。
完成しましたら、又報告します。
引き続き、よろしくお願いします。

*



 


 



このような
製作過程、苦労した箇所
等、詳細もお伝えいただきました。


*
突き板屋 和木さま

2回目に注文した突き板を使って、見切り板も作成したので、写真を送らせて頂きます。
突き板がO.3mmでしたので、腰板の場合、貼り付けたスチレンボードが3mm厚だったので、少しソリが出てしまい、補正に手間がかかってしまいました。
5mm厚の方が良かったかと思います。
見切りは、角の部分が割れので、ドライヤーで温めたりして、曲げやすくする工夫か、厚めの突き板にするのが良いかと思いました。
よく見るとアラが見えますが、パッと見は上々です。
今回、初めて突き板を購入したのですが、今後も色々と使えそうです。
ありがとうございました。

*


そうですね。
0.3mmのご注文でしたので、
曲げ加工かな...
と思っておりましたが、


貼り・・・でしたね。

実際に作業してみないと
わからない部分が
確かに多いと思います。

突き板の
わずか0.1mmの厚みの差というのは
思いの外
大きな厚みの差に
なりがちなのですね。



M様、今回の作業で
いろいろ教訓を得られたようです。
また、次のプロジェクトも
垣間見えるような
前向きな姿勢も
感じさせていただきました。


M様のこうした真摯な
人間性が反映されたかのような、素敵な白基調の
玄関が完成しましたね。


また何か閃きましたら
また”突き板”使ってみてくださいね。

次のプロジェクト
楽しみにしています。


M様
今回は2度のご購入
本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします
m(__)m